七大棋戦を中心に対局の結果をなるべく早くお知らせすることを目標としたサイトです。

囲碁速報

囲碁の歴史

本戦への道のり

予選のシステム全般については、予選A、B、Cとは?を参照してください。

棋戦名 本戦への道のり
棋聖戦  リーグ戦は12名で行われる(Aリーグ、Bリーグ各6名ずつ)。そのうち各リーグから2名ずつが陥落し、最終予選から勝ち上がった4名が新たにリーグ入りする。今期(第30期)の最終予選枠は次の通り。

日本棋院東京本院→15名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部・関西棋院→あわせて13名
リーグ陥落者→4名
計32名

名人戦  リーグ戦は9名で行われ、そのうち3名が陥落し、最終予選へまわる。その最終予選を勝ち上がった3名が新たにリーグ入りとなる。今期(第30期)の最終予選枠は次の通り。

日本棋院東京本院→13名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて5名
関西棋院→6名
リーグ陥落者→3名
タイトル保持者→1名
計28名

本因坊戦  リーグ戦は8名で行われる。そのうち4名(なんと半分だ)が陥落し、最終予選へまわる。最終予選を勝った4名が新たにリーグ入り。また、本因坊以外のタイトル保持者は、無条件で最終予選に出場できる。今期(第60期)の最終予選枠は次の通り。

日本棋院東京本院→20名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて8名
関西棋院→4名
リーグ陥落者→4名
タイトル保持者→1名
計37名

十段戦  本戦は16名で行われる(敗者復活制のトーナメント戦)。2勝以上をあげた8名は、次回も本戦から出場できる(本戦シード)。1勝以下の8名が陥落し、最終予選を勝った8名が新たにリーグ入りする。今期(第44期)の最終予選枠は次の通り。

日本棋院東京本院→13名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて5名
関西棋院→6名
前期で1勝以下だった棋士→8名
計32名

天元戦  本戦は、32名+タイトル保持者で行われる。準決勝まで進んだ4名は、次回も本戦から出場できる(本戦シード)。各棋院を勝ち上がった棋士どうしの最終予選は行われず、各棋院の予選を勝てば本戦入りとなる。その枠は次の通り(第31期)。

日本棋院東京本院→15名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて6名
関西棋院→7名
前期準決勝進出者→4名
タイトル保持者→3名
計35名

王座戦  本戦は16名で行われる。今期(第53期)はタイトル保持者4名+最終予選から12名の16名が選ばれた。その時点でのタイトル保持者の数により、最終予選から本戦入りできる人数が変わる。なお、本戦シードはなく、前期の本戦で敗れた棋士は次期は最終予選からの対局となる。今期(第53期)最終予選枠は次の通り。

日本棋院東京本院→13名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて5名
関西棋院→4名
前期本戦からの陥落者→11名
計33名

碁聖戦  本戦は28名(本戦シード4名+最終予選から24名)+タイトル保持者で行われ、その時点でのタイトル保持者の数により、本戦出場者が増減する。準決勝まで進んだ4名は、次回も本戦から出場できる(本戦シード)。各棋院を勝ち上がった棋士どうしの最終予選は行われず、各棋院の予選を勝てば本戦入りとなる。その枠は次の通り(第30期)。

日本棋院東京本院→13名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて5名
関西棋院→6名
前期準決勝進出者→4名
タイトル保持者→1名
計29名

 

-囲碁の歴史

Copyright© 囲碁速報 , 2019 All Rights Reserved.