七大棋戦を中心に対局の結果をなるべく早くお知らせすることを目標としたサイトです。

囲碁速報

天元戦

第45期 天元戦


井山裕太 天元 対 許家元 挑戦者 五番勝負

(△: 先番 6目半コミ出し、 持ち時間: 各4時間、  ○: 勝ち、 ●: 負け)

井山四冠に挑むのは、許家元。
昨期の碁聖戦に続いて許が井山からタイトルをもぎ取るのか、
それとも井山が返り討ちにするか。
初戦、2戦目を取り合い、1勝1敗で折り返しへ。

注目される第3戦を許家元が井山を下すも、第4戦では井山が逆襲。

最終局は井山が天元の座を守りきり、三冠維持に加えて天元5連覇。

名誉天元の資格を獲得した。

曜日
第1局  10月 11日 (金) 井山   中押し   △
第2局  10月 21日 (月) 井山   中押し
第3局  11月 22日 (金) 井山         △
第4局  12月 9日 (月) 井山
第5局  12月 18日 (水) 井山

第45期 天元戦 トーナメント表

井山天元への挑戦権を得るのはどの棋士か。
5名の三段に加え、二段の洪が本戦入り。
若返りが進むのか、上の世代が立ちはだかるか。
オープニングゲームは許がタイトルホルダーの貫禄を見せた。
また、藤沢が女流の本戦初勝利の偉業を達成したが2回戦敗退。
決勝は若手どうしの手合いになり、許が佐田を下した。

棋士名 1回戦 準々決勝 準決勝 決勝 挑戦者
平田 智也七段 平田
3/7

4/11

5/23

7/11

8/15
富士田明彦六段
蘇  耀国九段
2/7
余  正麒八段
竹内 康祐三段
1/24

4/4
洪  爽義二段
今村 俊也九段 山田拓
2/14
山田 拓自八段
高橋 真澄三段 藤沢
1/21
坂井
3/18

6/3
藤沢 里菜四段
坂井 秀至八段 坂井
1/31
彦坂 直人九段
羽根 直樹九段 羽根直
2/14

4/15
芝野 虎丸七段
孫   喆七段
1/10
許  家元碁聖
山下 敬吾九段 本木
1/17
佐田
4/18
佐田
7/4
佐田
7/29
本木 克弥八段
志田 達哉七段 佐田
3/7
佐田 篤史三段
仲邑 信也九段 張栩
1/17
張栩
5/2
張   栩名人
一力  遼八段 伊田
2/7
伊田 篤史八段
黄  翊祖八段 王銘
2/14
大西竜
5/17
河野臨
7/15
王  銘琬九段
呉  柏毅四段 大西竜
1/17
大西 竜平三段
首藤  瞬七段 高尾
3/14
河野臨
5/9
高尾 紳路九段
谷口  徹三段 河野臨
2/7
河野  臨九段

本戦入りの棋士はどのように決まるのか?→本戦への道のりへ

天元戦レギュレーション

本戦は、32名+タイトル保持者で行われる。準決勝まで進んだ4名は、次回も本戦から出場できる(本戦シード)。各棋院を勝ち上がった棋士どうしの最終予選は行われず、各棋院の予選を勝てば本戦入りとなる。その枠は次の通り(第31期)。

日本棋院東京本院→15名
日本棋院中部総本部・日本棋院関西総本部→あわせて6名
関西棋院→7名
前期準決勝進出者→4名
タイトル保持者→3名
計35名

棋戦主催者:新聞三社連合( 中日新聞社 ・北海道新聞社 ・西日本新聞社 )
優勝賞金:1300万円

Copyright© 囲碁速報 , 2020 All Rights Reserved.